野方の無人古着店「ムジンノフクヤ」に行ってみたら感動した!

スポンサーリンク

服屋に行くと店員さんに声をかけられることがあるだろう。店員さんに服の着こなしや素材について色々と教えてもらえるのは有難かったりするが、自分のペースでじっくりと見て回りたい気分の場合は、有難迷惑だったりする。

2020年8月5日、中野区の野方町になんと、店内に誰もいない「ムジンノフクヤ」という24時間営業の古着屋さんがオープンした!私は今まで色んな無人店を見て回ったが、服屋の無人店は今まで見たことがなくて興味深い。

というわけで、深夜にオープンしたばかりのお店を見に行った。ちなみにお店の外観を撮影している最中、酔っ払いに絡まれる出来事が起こった(笑)

そのときの動画を撮っているので、私と酔っ払いのやり取りが気になる方は、一番下に貼っておいた動画を見てほしい。

外観

 

ほぼ人が歩いていない時間帯の深夜3時ごろに到着。ブルー色の外観に蛍光ライトが当たり幻想的で美しい姿を夜の中に浮かび上がらせていた。とてもおしゃれで雰囲気のよいお店だ。

並べてある服は新品と古着が混ざっているとのこと。そしてお店の利用方法が提示してあった。

ムジンノフクヤ利用方法

  1. 好きな服を選ぶ(更衣室もお使いください)
  2. ハンガーの色と同じチケットを購入(着数分)
  3. 持ち帰る。ハンガーは返却ボックスへ♪

内観

 

色別ハンガー
  • 白=500円チケット
  • 黒=1,500円チケット
  • 赤=2,000円チケット
  • ピンク=3,000円(2,000円チケット+1,000円チケット)
  • 黄緑=4,000円(2,000円チケット×2枚)
  • 青=5,000円(2,000円チケット×2枚+1,000円チケット)

チケット券売機

 

お店に来たお客さんの要望が書かれた連絡帳(ジャポニカ学習帳)

「メンズ服を増やしてほしい」「大きめサイズのメンズが欲しい」などメンズ服に対する望む声が多かった。オープンしたばかりにかかわらず書いている人が多かったように思える。それだけこの店に期待しているということだろうか。

 

一部スペースには「BYEOLNUK」デザイナーのセナさんの可愛い服も置いてある。

 

無人店に試着室があるのは素晴らしい。いちいち店員さんに確認する必要がなくて気軽に試着できるのがいいよね~♪

ちなみに私が手にもっているオレンジの服は、なんと500円である。新品みたいに綺麗で生地がしっかりしているからお買い得だとおもう。ただ、自分にはサイズが少し合わなかったから購入は断念してしまった。もう少しサイズが大きかったら購入していた。

う~ん、惜しい…

というわけで今回は何も買わなかったが、お店自体はかなり気に入ったから、また来ようとおもう。

https://youtu.be/aoH44BQcI14

お店の詳細

店舗名 ムジンノフクヤ
住所 東京都中野区野方5丁目17−9
営業時間 24時間営業
定休日 不定休

地図

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。